プロフィール

ターナー 

Author:ターナー 
 
■中学生の時に、親戚の叔父さんから貰ったマニュアルの一眼レフで写真に夢中になりました。 デジタルはとても綺麗ですが、フィルム独特の発色や柔らかさやが好きです。 ストーリーを感じとれるような写真を写していきたい。

■ノーレタッチ&ノートリミング

■リンクフリー

■このブログに掲載されているすべての写真・画像を許可なく使用することを禁止します。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

エクスポージャーストーリー

写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬村

IMG_0002blog2.jpg
「シルキーホワイト」
雪に埋もれた農村地帯、まるで絹の様な滑らかな雪原が出現した。
雪深い地域の、美しすぎる日常の光景。
Canon EOS 60D + EF16-35mm F2.8 L Ⅱ USM

コメント

from アプサラ
絵かと思った。冬は空気が澄んでて本当にキレイだね。

Re: タイトルなし

from ターナー 
アプサラさん

僕も出てきた写真を見た時、ほんとに絵みたいでびっくりした。
カメラの設定は忠実再現で、露出補正さえもノーマルのまま何もしていない。
この日は異常に気温が上がり、普段凍っている雪の表面が溶け出して、傾いた日差しに反射していた。
遠方の景色もいい具合に霞んでいて、気象条件が作り出した幻想的な景色だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://exposurestory.blog.fc2.com/tb.php/24-2671139c

白馬 和田野の森教会

白馬の森は清々しい。和田野の森の一角に フォトグラファー・菊池哲男先生がオーナーの 和田野の森教会があった。 この白馬の自然に抱かれた静かな森の教会で 結婚式を挙げるのは、一体どんなカップルなのでしょう? 教会の敷地内には、わが師・菊池哲男先生の「山岳フォトアートギャラリー」も併設されていた。 四季の白馬の雄大な山々が大判写真で迫ってくる。 白馬に行...
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。